フリーソーラープロジェクト正規代理店

フリーソーラープロジェクト

フリーソーラープロジェクトとは

設置当初、再エネ推進企業が太陽光発電システムオーナーとなります。

住宅オーナー様は、システム設置に対する出費が一切なく、現金を用意することもローンを利用する必要もありません。

http://sinki.jp/fsp/construction/

とは言え、何百万もするソーラーシステムがどうして無料なのかと不安になってしまいますよね。このあと、詳しくご説明したいと思います。

フリーソーラープロジェクトの仕組み

まずは、設置費用が掛かるパターンを簡単にご説明します。

一般的なソーラーシステム

「無料で設置できますよ」のフレーズを使用する業者は多いですが、これは実質無料という表現にあたります。たとえば、設置費用に200万円が掛かった場合、200万円ー 売電収入 = 差額 を毎月計上していけば200万円になる。という事になります。

確かにいつかは元を取れると思いますが、ローンを組むことで金利も掛かりますのでシステム購入額や売電額を考慮しながら実施する必要があります。

フリーソーラープロジェクト

これは、名前の通り設置費用が完全に0円です。もちろん、ローンを組む必要はなく初期費用など一切の支払いがありません。お支払いいただくものは一つだけ「ご家庭で消費された電力分のみ」です。ただ、設置された時点ではご家庭には所有権がありません。それを詳しくご説明します。

まず、以下の2者を覚えて下さい。

株式会社デンカシンキ・・・ 受注・設計・施工・管理

再エネ推進企業(長州産業)・・・ 設置されたソーラーシステムのオーナー

1.デンカシンキが、一般住宅の屋根に太陽光発電システムを設置(受注・設計・施工・管理)します。施工保証も含みます。

 デンカシンキが、一般住宅の屋根に太陽光発電システムを設置(受注・設計・施工・管理)します。

2.再エネ推進企業が、(1)により設置された太陽光発電システムを購入します。この時のオーナーは再エネ推進企業です。

3.設置されたご家庭は、フリーソーラープロジェクトによって発電された電力(日中)から使用した電気料金のみを月々お支払いください。ソーラーシステムが稼働していない夜間や雨天時などは、既存の電力会社の電力を使用します。

4.日中に消費した電力分の費用とソーラーパネルによって発電された電力は、坊っちゃん電力へと渡ります。この合計金額が当初の設置費用に相当した段階(設置費用を超えた月の検針日)または10年1ヵ月で、設置させて頂いたご家庭に所有権・保証関係が譲渡されます。

つまり、設置されたご家庭には条件を満たすことで無料でソーラーシステム一式が手に入り、譲渡後には売電収入も得られるようになります。日中に発電した電力を自家消費できることも魅力です。加えて、ソーラーシステムによって発電された電力を使う方が日々の電気代はお得になります(電気代がお得になる事例はこちらをクリックしてください)。一方設置側には、ご家庭に設置されたソーラーシステムから発電された電力の売電金額と日中の電力使用料金が収益になるというメリットがあり、双方にとってメリットがある 発電決済(ビジネスモデル特許出願中) と言うビジネスモデルを採用しています。このシステムによって、無料設置が実現しています。

設置されたソーラーシステムの譲渡はいつ?

すでに触れられていますが、約9年を譲渡目安と考えておりましてその期間は天候・電力使用状況に依ります。日中の電気使用量と発電された電力の売電額が、ソーラーシステム設置総額費用に到達した月の検針日に譲渡されます。設置費用<売電額+電力利用料もしくは10年1ヵ月目に譲渡する事となっております。

ご相談も、もちろん無料です

設置したいと思って頂いても、設置には一定の条件がございます。よって、こちらからお断りさせて頂く場合もございます。設置できるか否かの調査(無料)も行っておりますのでお気軽に弊社までご相談ください。